飲食業の会社設立

1)飲食業の会社設立を検討されている方へ

飲食業で会社設立される方は、以下のような声を頂きます。

個人事業から会社設立をするメリットは本当にあるのか・・・

飲食業を開業するのだが、法人なりするか、個人事業で行うかがわからない・・・

飲食業をはじめるにあたり、許可申請などの登録も相談したい・・・

当事務所では、会社設立を専門とする部隊がいるため、そのようなお客様のニーズにも、1つ1つ個別のご提案をさせて頂きます。

(2)飲食業で会社設立するときのポイント

事業計画書作成

飲食業を営んでいて、あまり事業計画などを作成してこなかった個人事業主さんも多いようです。
そこで、当事務所では設立した後の事業計画書の作成サポートも提供しております。
また、事業計画書は、どんな機関でも融資を受けるためには必要となりますので、必ず用意しましょう。

これはお金を借りるためだけでなく、ご自身の今後の計画を立てる上では必ず必要です。
事業計画書の作成にあたっては、税理士や先輩経営者に相談することをお勧めします。
また、当事務所でもお客様が作成した事業計画書のチェックも無料でさせて頂きます。

立地の選定

まだ個人事業を営んでおらず、今からどこに出店するかなどを考える場合、立地の選定が必要になってきます。
立地が変われば売っていく商品もサービスも変わってきますので、慎重に選定しましょう。

1)店舗の周辺に競合店が多ければ、出店しても成功しない可能性があります
2)立地が違えば家賃が違い、当然採算性が違います
3)店舗の周辺がビジネス街か、繁華街か、住宅地かで客層が違います
4)客層によって所得と外食の目的が違いますので、価格帯が違ってきます
5)客層と価格帯が違えば店のコンセプトや内装・外装・レイアウトも変わります

飲食業における資金繰り

会社を設立しても資金繰りを考えていなければ、倒産してしまいます。

会社が倒産する理由は資金繰りの悪化です。

会社設立当初は特に資金が限られていることが多いので、倒産を防止するためには資金繰りの計画をしっかりと立てておく必要があります。

資金繰り計画を立てる際に最初にすることは資金繰り表の作成です。
資金繰り表を作成し資金繰りの計画を立てます。
資金繰り表を作成し現預金残高がマイナスになるような月があれば事前に対策を講じる必要があります。
また、資金繰りを悪化させないためのアドバイスもさせて頂いております。
資金繰りを悪化させないためのポイントは以下のようなものがあります。
・売掛金回収と買掛金支払
・設備投資の額を抑える
・借入金の返済期間を長くする

(3)当事務所が飲食業に強い理由

 

業界特性を捉えたアドバイス

当事務所では、これまでの飲食店開業支援の実績を元に、業界特性や設立時のポイントを押さえたアドバイスをしております。
開業前・開業後にやるべきこと、また、どのような経営計画を立てれば良いのかどのような点に留意して会社を運営しなければならないのかという視点で飲食業の会社設立をサポートしております。

許可申請なども含めたトータルサポート

当事務所では、飲食業のためだけの会社設立をサポートしているだけではなく、飲食業の許可申請、会計・税務、また、社会保険労務士による労務相談などもご相談頂けます。
そのため、開業されたり、会社を設立される飲食店様のトータルサポートを実現しております。

安くて安心の料金体系

飲食業で会社設立するにあたり、できるだけ安く会社設立をしたいという声を多くいただいております。
そのため、当事務所では、できるだけお客様の負担を軽減できる価格で会社設立のサポートをさせて頂いております。

⇒料金表はこちら


長野全域対応OK 365日無料メール相談OK あなたのお悩みをお気軽にご相談ください お問い合わせはこちら 0120-975-071
PAGE TOP