医療開業サポート

医院・クリニックの開業

(1)医院・クリニックの開業を検討されている方へ

医院・クリニック開業される方から、以下のようなご相談を頂きます。
 
・開業をするメリットは本当にあるのか・・・
・開業を決心したが、どうしていいかわからない・・・
・開業するにあたり、専門的な注意事項などを聞きたい・・・
当事務所では、そのようなお客様のニーズにも、1つ1つ個別のご提案をさせて頂きます。

(2)医院・クリニックを開業するメリット・デメリット

メリット

・努力次第では勤務医よりも高収入が期待できる。
・自分のやりたい医療方針を持てる。

デメリット

・事業主というリスクを負う。
・先進医療から離れてしまう。

(3)医院・クリニックを開業するときのポイント

なぜ勤務医を辞める必要があるのか

「なぜ勤務医を辞めて開業したいのか」この目的を明確にすることが重要です。
開業の成功はモチベーション次第と言っても過言ではありません。
 
目的を明確にすることで、困難に陥ったときに問題解決の原動力となります。

診療科目の差別化

開業する場所に競合がいても、経営が揺るがないように「診療科目の差別化」を図る必要があります。
勤務医時代の知識を生かし、地域一番化を意識した診療科目の設定が重要となります。
 
また、診療科目によって顧客層も変わってきます。幼児をターゲットにするのか、女性客をターゲットにするのか等、来院して欲しい顧客に狙いを定めたマーケティングが必要となってきます。
そのため、場合によっては差別化のための商圏内の調査や勉強も大切です。

開業における資金繰り

特に、開業期は資金調達で苦労します。
開業を思い立ったら、開業後に余裕を持てるような資金計画が必要です。
 
まず資金計画のシュミレーションを行いましょう。開業には多額の資金が必要となりますので、どれくらいの資金が必要か、その資金をどこからどのように調達するか、これらを漏れなく計上しておかないと、「開業前に資金がなくなってしまった」なんて状況になってしまう可能性があります。
 
確実な資金計画と資金繰りで安心した開業が可能になります。
 
柳澤会計では、常にゆとりを持った資金計画のご提案を行い、その計画を実現することで、開業の成功をサポートします。

(4)開業の流れ

開業を決意してから実際に診療が行われるまで、概ね1年の準備期間が必要とされます。 
大まかな流れを把握し、開業に至るまでのイメージを掴むことが、医療開業の成功のカギです。 

1.開業を決心

まず、大切なのは開業を決意することです。「あなたはなぜ開業したいのですか?
まずは、これを明確にしましょう。明確な動機や目的があるとないとでは、開業してからのモチベーションが全然違います。
 
また家族の理解、協力がなければ起業・独立してやっていくことは難しいです。家族の賛同も医療開業には必要不可欠です。

2.基本コンセプトの設定

成功するためには方向性の設定が肝心となります。医院開業を成功させるポイントは、コンセプトを固めることです。
 
まず具体的に、「こんな診療はしたくない」というものを考えてみてください。これが基本コンセプトの設定に必要になります。
「したくない診療」を決めてから「したい診療」や「クリニックの規模」「必要な医療機」などを決めていきます。

3.場所の選定

開業を成功させるには、場所の選定は重要です。
立地の良し悪しは開業の立ち上がりの早さに影響します。診療圏の調査結果や競合クリニックの診察科目や特性を考慮した上で、慎重に選ぶ必要があります。
また、医師の診療方針と地域の医療ニーズが一致する事も重要です。
 
選定段階で大切なことは、実際に現地へ足を運び、自分の目で確かめるということです。その土地の地域性や競合の状況を確認することである程度の患者様の外来数は予想できます。

4.事業計画

開業にあたって、「事業計画」や「資金計画」「 損益計画」など的確に立案し、シュミレーションすることが必要となってきます。
 
事業計画は、診療圏の調査を基に、「診察規模」「診察内容」を決めていきます。そして、どの程度の資金を用意するのか、そして、それによる事業の推移はどのようになるのか、を具体的に検討します。
 
事業計画の目的は、開業の全体像を具体的な数字として掴むことにあります。これをする事により開業における資金面の具体的な計画を立てることができます。

5.資金計画

開業には多額の資金が必要となりますので、どれくらいの資金が必要か、その資金をどこからどのように調達するか、事業計画を基にしながら組立てていきます。
 
必要な工程としては、「機械業者の選定」や「金融機関決定」「資金調達目処の推定」があります。
 
もし可能であるならば、診療所や必要器械類をあらかた決めて総費用額を算出し、人件費、家賃などの固定費や、医薬品費、変動費、返済元金などを組み入れた事業資金計画書を作成すると、より成功へと近づきます。

6.医療機器の選定

資金計画の延長として必要機器類の選定があります。
具体的には「医療機器や材料、設備等の選定」「電子カルテ・ レセコン導入策定」などがあります。
自身の診療コンセプトに沿って必要な医療機器を割り出していきます。
 
また機器の導入はリース会社が対応してくれますので、資金の借入れで心配する必要はありません。 
 
リースなら担保が不足して十分な借入が出来ない場合等でも、少ない資金で高額の医療機器の導入が可能になります。
また、最新鋭の機械設備が使用できます。
しかし、長期的な目線で見ると、購入に比べて、手数料や金利が割高になるなどのデメリットもあります。

7.申請手続き

個人で開業する場合、医院開業時には行政への届出や手続きが必要です。
具体的には、保健所に提出する「診療所開設届」社会保険事務局に提出する「申請書」です。
 
届出を間違えてしまうと、開院日を遅らさざるを得なくなります。
広告費や従業員の給与など不必要な出費がでないよう、届出はしっかりと出しましょう。

8.人事

開業が成功するかどうかの鍵は、スタッフが握っていると言っても過言ではありません。
 
診療科目や内容によって必要となるスタッフの人員数は異なり、どのような人材を選ぶかのコンセプトを決めて公募する必要があります。紹介などを通じて採用する手もあります。
 
また、スタッフを採用したら育成です。研修を通じて、クリニック内の育成マニュアルやルールを少しずつ固めていくのが良いでしょう。
開業して落ち着き始めるころにはスタッフの退職の話が出てくる可能性もあります。
人の入れ替わりがあってもマニュアルがスタッフ間で継承できるようにしておき、後輩の育成に役立つマニュアルを作ることをお勧めします。

9.開業

いよいよ開業です。
研修時と同じようにいくケースは少ないですが、シミュレーションを十二分に行い、実際にオペーレーションを繰り返しましょう。
臨機応変に対応できるかどうかが開業のスタートダッシュの鍵となります。

長野全域対応OK 365日無料メール相談OK あなたのお悩みをお気軽にご相談ください お問い合わせはこちら 0120-975-071
PAGE TOP